FREE SHIPPING - 送料無料
クラシックブーツのあの履き心地を春仕様へとアップデート >
クラシックブーツのあの履き心地を春仕様へとアップデート >

動物愛護に関するFAQ(よくあるご質問)

UGG®は、自社製品に使用される素材やクラフトマンシップに関する情報を、消費者の皆様に幅広く提供することに力を注いでおります。以下のFAQ(よくあるご質問)では、シープスキンにまつわる知識とUGG®がサプライヤー対して設けているさまざまな基準を紹介いたしますので、どうぞご一読下さい。

  1. シープスキンとは?
  2. 牧羊業者について。どのような業者と取引していますか?
  3. 羊はシープスキンのためだけに飼育されているのですか?
  4. 羊には非人道的なミュールシングが行われていますか?(ミュールシングとは、羊の臀部の皮を切り取る処置)
  5. UGG®の製品に使用されるシープスキンはどこで仕入れていますか?
  6. UGG®は他にどのような動物の皮を使用していますか?
divider

1. シープスキンとは?

牛皮になめし加工を施したレザーと同様、シープスキンは羊の皮になめし加工を施したものです。UGG®は食肉産業のために飼育された羊のシープスキンを使用しています。私たちは自ら羊を飼育しているのではなく、皮革加工業者からシープスキンを仕入れております。

シープスキン
divider

2. 牧羊業者について。どのような業者と取引していますか?

牧羊業者には、羊毛用の羊を飼育する業者と食肉用の羊を飼育する業者の2種類があります。UGG®が使用するシープスキンは、食肉用に羊を飼育する牧羊業者のものです。

羊毛用の羊を飼育する牧羊業者の中には、羊の臀部の皮を切り取るミュールシングという処置を行っているところもあります。この処置は主にオーストラリアで行われ、羊毛用に飼育するメリノ種の羊に対して行われております。UGG®はこういったミュールシングを非人道的な処置であると考えているため、オーストラリアの牧羊業者から100%メリノウールを仕入れることはありません。

牧羊業者
divider

3. 羊はシープスキンのためだけに飼育されているのですか?

いいえ、違います。羊は牧羊業者によって、主に食肉用として飼育されております。UGG®が使用するシープスキンは、そのような食肉用として飼育された羊の副産物です。米国羊産業協会(American Sheep Industry Association)によると、羊の価値の約90%が食肉、約10%がシープスキンであるとされております。UGG®は、シープスキンのためだけに羊が飼育されることは決してあってはならないと考えております。

プロセス
divider

4. 羊には非人道的なミュールシングが行われていますか?

(ミュールシングとは、羊の臀部の皮を切り取る処置)

UGG®はミュールシングが一切行われていない羊のシープスキンを仕入れております。ミュールシングは残酷で非人道的な処置であるため、UGG®のサプライヤーに対しては、ミュールシングを行っていないことを証明するよう義務付けております。UGG®がミュールシングに対する異議を提唱することで、ミュールシングが施された羊の素材の使用を禁止するという基準を、他社も採用するようになりました。

ミュールシング
divider

5. UGG®の製品に使用されるシープスキンはどこで仕入れていますか?

UGG®は皮革加工業者からシープスキンを購入しており、業者にはシープスキンの原産国の証明を義務付けております。UGG®が仕入れるシープスキンはオーストラリア、米国、アイルランド、イギリス、スペインで育てられた羊のものに限定されております。UGG®がシープスキンの購入をこれらの原産国に限定している理由の一つとして、これら全ての国は動物の取り扱いに関する規制を整備していることが挙げられます。
UGG®は中東や北アフリカをはじめ、動物の取り扱いに関する規制が整備されていない国で飼育された羊のシープスキンを仕入れることはありません。

原産国
divider

6. UGG®は他にどのような動物の皮を使用していますか?

UGG®はこのように自社のポリシーにおいて、自社製品に使用される素材について定めております。UGG®は他の産業の副産物として生じた動物の皮のみを使用しております。またUGG®は、ウサギの取り扱われ方に配慮し、自社製品におけるアンゴラの使用も禁止しております。

皮革